カシックスのブログ

2015年10月

【小・中ロット化学品・危険物輸送のカシックス】

こんにちは、営業の伊藤です。

秋がさらに、やってきましたね。でも紅葉は来週が見頃ぐらいらしいです。

食欲も秋になってきてます。メタボ・・・危険ですよ。


さて、路線便で載せられない物を書いてみたいと思います。

まず、長さが2m以上の長尺物です。全体的な容積が小さければまだ、大丈夫な会社もありますが、かなりの確率で断られるでしょう。

それから、大き目な製品(機械物・精密機械)で何の梱包もしていない物も、まず無理です。路線便は何台ものトラックに乗せ換えねばなりません。ですので傷が付いたりしてしまいます。

もし、『この商品はどーなんだろう?』と思う時には、ご一報下さい。お聞きしても分からなければ、私がそちらに出向いて現物を見せて頂き、路線便でいけるのか、中ロットなのか、貸切便の方が良いのか最善の判断させて頂きます。

ありがとうございます。


小ロットの化学品・危険物輸送ならこちら→http://www.kasix.jp/lp01/


関西の中ロット輸送ならこちら→http://www.kasix.jp/lp02/


お問い合わせお待ちしております。


【小・中ロット化学品・危険物輸送のカシックス】から危険物の豆知識③危険物の輸送について

こんにちは、営業の伊藤です。

みなさんもう忘れていますか?日本が南アフリカに勝ったのを・・・そして南アフリカが3位になりました。日本は準優勝ですね(^^)

決勝は今夜、ニュージーランド対オーストラリアご近所対決になりました。さて、どこのテレビで観れるのでしょうね!?


さてさて、今回は積載方法について書いてみたいと思います。

まず、危険物は、運搬容器に収納して積載する。とあります、他にどーしろというのでしょうか?

運搬容器は、収納口を上に向けて積載する。これをやらないと大変な事になってしまいます。必ず上向きです。

容器の積み重ねは、高さ3m以下になるようにする。あまりにも高く積み上げて倒れてしまったら危険な事になります。

これからが大切な所です。

固体の危険物は、内容量95%以下の収納率にする。膨張をした時の為ですね。

液体の危険物は、内容率98%以下の収容率にする。さらに、55℃の温度でも液が漏れないように十分な空間容積をとる。となっています。

化学は非常に苦手でしたが・・・固体の方が膨張するんですね(^^;勉強になります。

みんなで事故の無いように安全に危険物を運びましょう。

ありがとうございます。


小ロットの化学品・危険物輸送ならこちら→http://www.kasix.jp/lp01/


関西の中ロット輸送ならこちら→http://www.kasix.jp/lp02/


お問い合わせお待ちしております。


【小・中ロット化学品・危険物輸送のカシックス】

こんにちは、営業の伊藤です。

さて、今日から日本では日本シリーズが始まりますね。東京と福岡の戦いなので関西にはあまり関係ありませんが、賭けをせずに純粋に応援しましょう。


さて、今回は路線便で運べない容量・重量について書いてみたいと思います。

一つの重量は15~18kgの一斗缶も数が多くなれば路線便では対応不可能になります。

どんな時なのか?路線便ではパレットで2枚まで、重量は2tまでとなっています。

仮に18kgのでしたら約110缶を超えた場合は路線対応不可能になります。

さて、ドラム缶の場合はというと、普通のドラム缶であれば8本、オープンドラムであれば6本になります。

もう一つ、の場合は1袋20kgとして100袋までになります。

上記の量を超える場合は中ロット貸切便をお奨め致します。

☆但し、繁忙期等には、量の制限がありますので、各営業所にお尋ね下さい。

 


小ロットの化学品・危険物輸送ならこちら→http://www.kasix.jp/lp01/


関西の中ロット輸送ならこちら→http://www.kasix.jp/lp02/


お問い合わせお待ちしております。



【小・中ロット化学品・危険物輸送のカシックス】から危険物の豆知識②危険物の輸送について

こんにちは、営業の伊藤です。

もうかなり秋ですね。北に行ったら、もう紅葉がキレイかもしれませんね。

みなさんはお気に入りの紅葉スポットありますか?紅葉を見て目をリフレッシュさせては如何ですか?


さて、今回は危険物の等級について書いていきたいと思います。

一概に危険物といっても種類はたくさんあります。

一般的に危険物と言われているのは乙種4類です。その中にも第1類から第6類あります。さらに、その中に水溶性・非水溶性と別れる類があります。

運搬する時にお聞きするのが上記に書いた類になります。何故お聞きするかというと、類に因っては混載で運搬してはいけないという混載禁止という事が決められています。

それは何故か?凄く危険だからです。ただし!!指定数量の1/10以下であれば混載は可能になります。

ですから、ご依頼時に類と容量をお聞きするようにしています。

扱い方を気を付けないと大変な事になってしまうのが危険物です。

ご協力お願い致します。

今回も、ありがとうございます。


小ロットの化学品・危険物輸送ならこちら→http://www.kasix.jp/lp01/


関西の中ロット輸送ならこちら→http://www.kasix.jp/lp02/


お問い合わせお待ちしております。





【小・中ロット化学品・危険物輸送のカシックス】

こんにちは、営業の伊藤です。

もう秋ですね。いろんなところでコスモス祭が行われていますね。私の地元では先週でしたが、たつの市では明日がコスモス祭です。毎年綺麗ですよ(^^)


さて、今回ご依頼を頂いたのは、創業50年を超えるプラント工事や設計・電気施設工事を行っている会社様からです。

電機系の機械を1台、日に依って2台とお客様立会いの下で運ぶという内容のご依頼でした。

見積りを提出させて頂き、待つこと数日、お客様からご発注を頂きました。

仕事の内容を詰めさせて頂き、搬出日、搬入日、必要車種も確定。

今回は京都本社区域のトラックと協力会社のユニック車で仕事をさせて頂きます。

そんなに長い距離ではないですが、当日移動という事で安全運転で運ばせて頂きます。

ありがとうございます。


小ロットの化学品・危険物輸送ならこちら→http://www.kasix.jp/lp01/


関西の中ロット輸送ならこちら→http://www.kasix.jp/lp02/


お問い合わせお待ちしております。




【小・中ロット化学品・危険物輸送のカシックス】から危険物の豆知識①危険物の輸送について

こんにちは、営業の伊藤です。

さて、この10/22は、私が毎年ドキドキする行事がやってきます(^^;何があるのでしょうか?みなさんはご存じでしょうか?

プロ野球のドラフト会議です。もう32年待っていますが・・・未だに名前は呼ばれません(; ;)

みなさんの周りには居ませんか?名前を呼ばれた人が・・・


さて、今回は2回目で容器や等級について説明させて頂きます。

危険物を運搬する時は、安全に収納する基準が定められています。

・容器の材料は鋼板、アルミニウム板、ガラスなど危険物に反応しないもの用いる。

・堅固で破損する恐れがないもの用いる。

2点共に非常に大切な事ですね。何かあったら健康被害環境被害をもたらす危険がありますからね。

また容器の外部には中身の名称や危険物等級、化学名、水溶性か否か、容量、注意事項などの記載が必要になります。

それは何故か?もし中身が漏れたりした場合の対処方法、火災時の対処方法がそれぞれに依って変わってくるからです。

もし、火災があった場合、水で消そうとするのが一般的ですが、危険物の種類に依っては更に激しく燃えてしまうものがあります。

容器の話が長くなってしまったので、等級については次回、書きたいと思います。

ありがとうございます。


小ロットの化学品・危険物輸送ならこちら→http://www.kasix.jp/lp01/


関西の中ロット輸送ならこちら→http://www.kasix.jp/lp02/


お問い合わせお待ちしております。

【小・中ロット化学品・危険物輸送のカシックス】から危険物の豆知識①危険物の輸送について

こんにちは、営業の伊藤です。

ラグビーワールドカップ・・・日本は素晴らしかったですね。もし、南アフリカが優勝したら、真の王者は日本かもしれませんね(^^;

同じブロックからベスト8に勝ち上がった南アフリカ、スコットランドを応援しつつ、4年後日本開催を楽しみに待ちましょう。


『危険物の輸送について①』

危険物の運搬については前回もお話した通り、移送と輸送の二通りあります。何が一番の違いかというと、移送(タンクローリー)の場合は乗務員は資格が無くては乗務出来ません。

輸送(トラック)の場合は資格は要りませんが、トラックの前後に規定の大きさののマークを付けなくてはなりません。

皆さんがトラックの後ろを走っている時、黒地に黄色いのマークをご覧になった事無いでしょうか?もちろんタンコローリーにも付いています。

他に劇物輸送のトラック・タンクローリーにはや毒物輸送のトラック・タンクローリーにはのマークを付ける事が義務付けられています。

次回は、容器や等級についてご説明致します。

ありがとうございます。


小ロットの化学品・危険物輸送ならこちら→http://www.kasix.jp/lp01/


関西の中ロット輸送ならこちら→http://www.kasix.jp/lp02/


お問い合わせお待ちしております。

【小・中ロット化学品・危険物輸送のカシックス】から危険物の豆知識①危険物の輸送について

こんにちは、営業の伊藤です。

めっきり秋めいてきましたね。気温が高くても日陰は涼しいし、晩は寒いですよね。風邪をひかない様に手洗い、嗽はしっかりとしましょう。

今晩、22:00から・・・ワールドカップラグビー・・・サモア戦です。是非!応援しましょう。


さて、最近よく危険物についてのご質問を受けるようになりました。

そこで、今回から不定期で危険物輸送について、シリーズでお伝えしていきたいと思います。

1回目は『危険物輸送について』

危険物を運搬する場合、大きく分けて2つに区分される事をご存じでしょうか?

タンクローリーで輸送する移送とトラックなどの車両で輸送する運搬の2つです。

みなさまにとって関わりがあるのは、この2つのうちトラックなどの車両で輸送する運搬の方でしょう。

薬品試薬品化学工業品化学原料などの運搬です。

危険物の貯蔵・取扱いが指定数量以上で規制を受けるのに対し、運搬は、より危険性が高い為、”指定数量未満であっても”消防法の規制を受けるので注意が必要になります。

その規制とは、運搬容器の基準、積載方法(混載出来る危険物)、運搬方法などです。

次回では、一つ一つ詳しく説明し、お伝えしていきます。


小ロットの化学品・危険物輸送ならこちら→http://www.kasix.jp/lp01/


関西の中ロット輸送ならこちら→http://www.kasix.jp/lp02/


お問い合わせお待ちしております。


<< 1 >> 1ページ中1ページ目
関西中ロット輸送サービス
化学品・危険物輸送サービス
カシックスブログ

お問合せについて

物流ソリューションについて、物流に関するお問合せ・ご相談はお問合せページよりお問合せください。

お問合せ